コスミック出版

  • HOME
  • ウェブストア
  • キャンペーン
  • 会社概要
  • お問い合わせ
ホーム > ライフスタイル > ノンフィクション > 米中貿易戦争 アメリカの真の狙いは日本

米中貿易戦争 アメリカの真の狙いは日本

発売日:2019年8月23日

増田悦佐

\1,760
(本体価格1,600円+税160円)

ポイント: 80 Pt

米中の対立は見せかけ(フェイク)だ!

それでも日本は2020年の長期不況の大底から必ず復活する

 

本当の構図は「米中欧連合 VS 日本」だ!

 

少なくとも過去10年にわたり、アメリカは中国から借りたカネを使って

、笑いが止まらないほどおいしい金融取引を続けてきた。

その金の卵を産むニワトリ=中国に、アメリカが本気で貿易戦争を仕掛けるはずがない。

トランプ貿易戦争の主戦場は自動車であり、主要敵国は実は日本だ!

中国やEUとの交渉が片付いてから、トランプが公表する日本への要求は、いかなるものか?

日本経済を狙うアメリカの真の狙いをここに明らかにする。

 

第1章 起きるはずのなかった米中貿易戦争が起きた!

第2章 中国利権分配システムの闇は大きく、深い

第3章 貿易戦争の主戦場は自動車、主要敵国は日本

第4章 利権社会主義国家の双璧、アメリカと中国

第5章 アメリカ文明の衰退を象徴する都市の荒廃

第6章 奴隷制と知的エリートへの逆張り、人間を豊かにするのはどっち?

 

増田悦佐(ますだ・えつすけ)

 

1949年東京都生まれ。一橋大学大学院経済学研究科修了後、ジョンズ・ホプキンス大学大学院で歴史学・経済学の博士課程修了。ニューヨーク州立大学助教授を経て帰国、HSBC証券、JPモルガン等の外資系証券会社で建設・住宅・不動産担当アナリストなどを務める。現在、経済アナリスト・文明評論家。著書に『2020年、経済史上初の恐怖の三重底が世界を襲う!!』(電波社)など。

 

 
・コスミックサイトで購入はこちらから 
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。